MENU

知って実践出来る!認知療法のやり方は?

ストレス

現代のストレス社会において、精神障害患者が増加傾向にあります。一言で精神疾患と言っても非常に数多くの症状が存在していることでしょう。

 

これらの、精神疾患に効果が期待されているのが、認知療法となります。


どんな治療法?

知って実践出来る!認知療法のやり方は?

では、具体的にはどのような治療法となるのでしょうか?

 

医師や専門のカウンセラーとの面接が認知療法のスタートとなります。患者一人一人の悩みや問題点などあらゆる状態を理解すると共に、長所や強みなどを見出しながら治療の方針を決めていきます。

 

患者であるあなたとその方針を共有しながら、同じベクトルで改善を目指すものとなります。あなた自身は、日々の生活の中で無理のない範囲でリズムをつけるようにします。

自分をよく知る

先ずは、自分の問題点や長所、強みを知り受け止めることが重要となります。要するに敵を知り闘いに挑むという理解です。特に、自分の考え方の歪みとなる自動思考に焦点を当てることが効果的と言えます。

 

個々が無意識のうちに自分で決めてしまう見方や考え方をスキーマと呼んでいますが、この振り返りも非常に重要となることでしょう。
そのような状態に陥る根拠を検証することで、認知の歪みを正す糸口を見出していくのです。

根気が入ります

その上で、感情や行動の歪みをコントロールできるよう生活の中でリズムを取り戻していきます。ですが、自動思考やスキーマを修正することは予想以上に辛いものです。そのため、長期に渡り焦ることなく症状に影響する敵と向き合っていくことが重要となります。

 


認知療法のやり方-コラム法とは?

認知療法のなかでも、最も基本的なものがコラム法です。

 

コラム法には、3コラム法、5コラム法、7コラム法の3種類があります。基本である3コラム法についてご紹介していきましょう。

3コラム法とは?

コラム法とかカラム法とか言われますが、両方とも全く同じ意味です。意味の由来はローマ時代における円柱だそうです。現在では表を作成する際などに使用され、縦向きの列を示します。

 

3コラム法というのは、縦向きに状況、気分、自動思考の3行の項目があります。自動思考というのはちょっと理解しにくいかも知れませんが、意識をしないで考える思考のことです。

 

この3コラム法は、「自分の考えていることを整理することが可能」「客観的に自分の考えを見ることが可能」というようなメリットがあります。

考えを整理するとどんなメリットが?

人は感情も気分も一緒にして考えています。そして、言い訳をしたり、相手が悪い理由をいろいろ考えたりします。多くのことを無意識のうちに考えています。自分では感情を捉えられていない場合が多いのです。現在自分が考えていることを、状況、気分、自動思考に分類することで整理が可能になります。

 

整理をすると、客観的に物事を見ることができるようになるというメリットがあります。自分自身の悩みの場合には解決しないようなものでも、他の人の悩みの場合には解決できることも多くあります。解決方法を客観的に見ることだけで思いつくこともあります。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。