うつ病と認知療法

MENU

うつ病と認知療法記事一覧

認知療法

近年、日本ではうつ病患者が急増しています。1960年代に、アメリカの精神科医が憂鬱になりがちな人の考え方のパターンには一定の特徴があることを証明しています。そのため、一般の人でも憂鬱な症状を理解することができるようになったのです。

認知療法

心因的な不安やストレスが原因で発症する「うつ病」は原因の多くが患者の心の中と思考から発生しています。過去のトラウマや、性格的原因、事件事故やトラブルの時に受けた心の傷を、長期間思い続けたりすることで発症する「心因性」のうつ病には複合的な方法での治療が必要になることがあります。現在の精神科診療では、大きく分けて2つの治療パターンがあります。最も一般的なのが抗不安薬や抗うつ剤などを使用して心因的、また...

認知療法

うつ病には種類があり、身体的(病気)なものが原因になるもの、環境(季節や引っ越し、転勤など)変化からひこ起こされるもの、大きなショック(事故、事件、トラブルなど)、過去のトラウマ、または患者自信の思考の偏りが原因になるものなど様々です。

認知療法

4年前に同じIT企業内の別の部門へ異動した時の話です。異動前とかなり似た職種で負担が軽いと考えていたのですが、実際は新しいスキルや仕事の進め方を覚えるのに、相当苦労しました。3、4ヶ月経過しても、ミスや見落としが多いし、まだまだ戦力になっていないと実感し、いつも誰かに迷惑かけていると思うようになりました。それがうつの始まりだと思います。

認知療法

うつ病を発症し精神疾患リハビリセンターでいろいろなプログラムを受講しました。その中で特に有意義なプログラムは認知行動療法でのグループミーティングでした。うつ病になると自分の殻に閉じこもり考え方が偏るいわゆる「認知の歪み」が発生しました。考え方の悪い癖が修正していくその治療法としてグループで自分の考えていることを発表して、ほかの人に「発想を変えてこのように考えてみては?」ということ行いました。