MENU

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレンの原因と解決法は?

アダルトチルドレンというのは、幼少期に家庭内のトラウマによって心に傷を負ってしまった大人のことを指しています。

 

家庭内のトラウマというのは、両親から十分な愛情を受けずに育ってしまったことが原因で、例えば両親の仲が悪く毎日夫婦喧嘩を見なければいけないような環境だと、子供は心に傷を負ってしまいます。

 

逆に、両親から過保護とも言えるような育て方をされてしまった場合にも同様に子供の心は傷ついてしまい、こうした場合もアダルトチルドレンの原因となってしまうことがあります。

 

アダルトチルドレンというとよく、子供の心のまま大人になってしまった人、という捉え方をされてしまいますが決してそうではありません。また、アダルトチルドレンを病気だと考えている人もいますが、アダルトチルドレンは病気でもありません

 

そのため決まった症状があるというわけではなく、感じ方は人それぞれで本人が自分はアダルトチルドレンなのかもしれない、と感じればその人はアダルトチルドレンであると言うことが出来ます。

 

このように、アダルトチルドレンとはとても難しいものなので、アダルトチルドレンである本人達もそのことでとても悩んでいることが多いのです。

 

周りの人達がアダルトチルドレンを十分に理解し、支えてあげるということもとても重要なことだと言えるでしょう。


家庭問題によるアダルトチルドレン

アダルトチルドレンの原因と解決法は?

アダルトチルドレンというのは、元々はアルコール依存症の親によって育てらた人のことを指す言葉です。

 

現在ではもっと広い意味で使われる言葉となり、機能不全家族で育った人というような意味で使われるようになりました。

 

つまり、アルコール依存症でなくとも、両親が十分な愛情を注がなかったり共働きによって子供と過ごす時間が十分に取れないなど、家族として本来あるべき形を形成出来なかった場合などに、それが原因で子供がトラウマを抱えて育ってしまいアダルトチルドレンになってしまうというふうに考えています。

 

愛情が不足している場合だけでなく、過度に甘やかして育ててしまうこともアダルトチルドレンの原因となります。また、過剰な期待をするというのも原因として考えられています。

 

こうしてみると、どんな形であれ正常な家族としての営みが出来ていないと子供はアダルトチルドレンとして大人になっていってしまう可能性があると言えます。

 

ここからわかることは、アダルトチルドレンの人というのはとにかく両親になんらかの束縛を受け続け、それが心の傷として残ってしまっているということです。

 

その結果、自分に自信が持てずに積極性が極端に失われてしまったり、自分のことを自分で決断することが出来なくなったり、他人に対して攻撃的になってしまったりします。

 

幼少期に両親からどのように育てられるか、どのような家庭環境で育つか、アダルトチルドレンという問題においてこれは非常に重要なポイントとなります。


どんなトラウマでアダルトチルドレンになるか?

アダルトチルドレンの原因と解決法は?

アダルトチルドレンというのは、子供の頃の家庭内でのトラウマが原因とされています。

 

では、どのようなトラウマが原因となるのでしょうか。

 

まず、両親から愛情を十分に受けなかったということが考えられます。

 

両親から愛情を注がれず、冷たい家庭の中で育つ子供は他人に対してどのように愛情を注げばよいのか、伝えればよいのかが分からないままになってしまいます。

 

すると誰かに過度に依存してしまったり、逆に誰とも関わりを持とうとしなくなる大人になってしまいます。また、常に不安を抱え、あることがきっかけでパニックになってしまったりもします。

 

これらはアダルトチルドレンのよくある症状の1つですが、子供の頃のトラウマが原因となっているわけです

 

この他にも、兄弟と常に比較されて育つとそれがトラウマになってしまう場合もあり、自分に自信が持てない大人になってしまう可能性があります。

 

この場合は他人の目が気になるようになり、相手が自分を馬鹿にしているのではないかといった疑心暗鬼の状態になってしまいます。すると他人に対して攻撃的になってしまったり、キレやすくなってしまうことがあります。

甘やかしは?

過度に甘やかされて育つことも原因となります。

 

こうした場合はトラウマというイメージが沸かないかもしれませんが、愛情を注ぎすぎる、期待しすぎるというのも子供を抑圧し、トラウマを作り出すことになります。

 

自分の能力以上のことを要求されれば当然それはストレスとなります。最終的にこれがトラウマとなるのです。両親の子供への接し方がとても重要と言えるでしょう。


アダルトチルドレンを認知療法で治す方法

アダルトチルドレンの原因と解決法は?

アダルトチルドレンは子供の頃の家庭内のトラウマが原因となっています。

 

つまり、アダルトチルドレンとは精神的なものが原因だということになります。

 

このアダルトチルドレンの治療の1つとして、認知療法という方法が用いられることが多くなってきました。

認知療法って?

認知療法はうつ病などの病気の治療法としても使われているもので、日本でも知名度が高くなってきています。人間の精神状態や気分というのは、認知に大きな影響を受けています。

 

認知というのはものごとをどのように解釈するか、現実をどのように受け止めるか、といったことを指しています。ある人にとってはなんでもないようなことでも、別な人にとってはとても大きな出来事だったりしますし、楽しいことでも考えようによっては不愉快なことだったりします。

 

逆に、つらいことであっても気持ちの持ちようによってはつらいと感じなかったり、ストレスを軽くすることが出来たりもします。

 

こうした人間の認知を活かした治療法が認知療法になります。

 

カウンセリングなどによって認知のあり方にアプローチすることで、気分が落ち込まないようにしたり、楽にしたりするというのが目的です。アダルトチルドレンの人の場合、この認知が偏ってしまっている場合があります。

 

偏ってしまっていることで日常生活で不便な思いをしているのであれば、その認知の偏りをなくしてあげることが出来れば自然と日常生活を送ることも楽になるということです。そのため、現在ではアダルトチルドレンの治療に認知療法が用いられることが増えてきています。


認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。