MENU

ストレスに気づく方法

ストレス

自分の偏った認知に気付くことができれば、バランスのとれた思考に方向転換することができます。

 

新しい考え方に変えていくことで、メンタル疾患に繋がるストレスを緩和することができます。


生きていくにはストレスが必要

生きていくためにはストレスは必要と言われています。逆を言えば、ストレスが生じない非現実的な世界で生きていくことは不可能ということです。

 

ストレスは必ず誰にでも存在するものと理解した上で、どのように対処していくべきかという取り組みが重要なポイントとなることでしょう。誰しも自分らしく楽な気持ちで過ごしていきたいものです。持って生まれた人間の本質的な性格を変えることは難しいと言われています。

考え方は変えられる

ですが、それ以外の体質や思考、価値観やイメージなどを変えることは可能となります。現実に沿ったバランスの良いフレキシブルな自動思考に変えていくことで、自由な自分を創りだすことができます。

 

自由な自分を見出すことで、ストレスを軽減できるように、言い方を変えれば、「ストレスをストレスと思わないようなメンタルを創る」ことができるのです。そのため、先ず自分のライフスタイルを振り返る必要性があります。日々の生活の中で、自動思考と現実とのズレを整理してみましょう。自ずと自分の認知の偏り、歪みに気付くことでしょう。これが、ストレス対策の第一歩となります。

 

認知の歪みは自分が悪いわけではないのです。万人に生じてしまう自動思考がストレスの原因をつくりだしているのです。ですので、可能な限り「認知の歪みに気付くこと」が重要となります。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。