MENU

そもそも「ストレス」とは何か?

そもそも「ストレス」とは何か?

普段から「ストレス」という言葉をよく耳にします。

 

「近所付き合いはストレスになる」とか「満員電車に乗るとストレスになる」というように、ストレスの要因は個人によっていろいろですが、口に出して気軽に言っているうちはそれほど深刻ではないそうです。

 

最初にストレスという言葉を使ったのはカナダの学者ですが、普通に使用されている意味とはちょっと異なっています。

 

ストレスというのは、カナダの学者によると、「外部から生体が寒冷、疾病、外傷、または不安や怒りなどのメンタル的な刺激があった際に、その刺激に適応するために一定の反応が生体に起こること」ということです。

急性と慢性

ストレスには急激なものと慢性的なものがあります。

 

急激なストレスは、生命が犯罪や事故などで危険にさらされるなどのように、大きな刺激がある時ですが、普通、ストレスという時は慢性的なものを言うことが多いそうです。

 

一般的にストレスの要因を「ストレス」と言うような傾向がありますが、厳密に言うと要因になるものはストレッサーと言います。

ストレス反応

また、ストレスによる体や心の反応をストレス反応と言って分けています。

 

ストレッサーにはメンタル的なものだけでなく、寒さや暑さ、疲労、体の痛みなどフィジカル的なものも含まれます。

 

また、ストレスは全部が悪いということではなく、全然ストレスがないような状態は刺激がないため、メンタル的にもいい状態とはいえません。

 

鍛えなければ体は弱くなるし、免疫力が無菌状態ではつかないのと同様に、メンタル的な適度のストレスがないと暮らしていく上で問題が出てきます。


なぜストレスを感じるのか?

そもそも「ストレス」とは何か?

なぜ、人間はストレスを感じるのでしょうか?

 

その理由は、自分の希望通りにならない、悪いことを言われた、追いつめられる、などのようにさまざまあると思います。

 

このような理由以外にも、次に示すようなことも比較的多いのではないでしょうか?

意識の相違

それは、意識して思っていることと意識しないで思っていることが一致しないことによって、ストレスになると言うような場合です。

 

例えば、上司から叱られた際、意識しない状態では、「上司は自分のミスで叱っている」と思っているのに、意識の状態では、「上司に叱られていやだなあ、これくらいで我慢してくれないかな」というようなことです。

 

意識しない状態は、真実と意識の状態では素直に思っていることを感じているのみですが、自分たちの意識の中において感情もあり自尊心もあるので、自分を擁護しようとさまざま考えてしまいます。

 

そのため、意識しないで思っていることと意識して思っていることが違って、どことなく「変な感じ」になったり、一層イライラ感が募ってくるのではないでしょうか。

どうすれば?

では、どうすればいいのでしょうか?

 

自分たちの意識の状態で、意識しない状態と同様に、単に真実のみをチェックしていくのです。

 

先に述べた例の場合では、「自分はひたすら謝っています」「上司が自分のミスで叱っています」というようにチェックするだけなのです。

 

そうすると意識しない状態と意識した状態のアンマッチは生じず、案外ストレスは感じないそうです。


認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。