白黒思考

MENU

白黒思考記事一覧

認知の歪み

すべての物事は白黒に分けられることばかりではありません。そうした現実にも拘わらず、自分の行動を含めてあらゆる物事を白か黒かに分けて判断してしまうのが、所謂白黒思考と呼ばれるものです。心理学の分野ではこうした特殊な思考がある状態を認知の歪みが生じていると考えます。認知の歪みが起こると、あらゆる面で影響が現れてきます。

白黒思考

認知の歪みは、「白黒思考」「一般化のし過ぎ」「感情的決め付け」「べき思考」など色々存在します。白黒思考は、物事を全て白か黒かで分けようとする考え方のことを指します。日常生活における問題のほとんどは、白か黒かのどちらかに決めるのはできないのが現実です。思考そのものが悪いのではなく、一つの思考にこだわって状況が悪化していることが問題なのです。