認知療法研究所

MENU

認知療法ガイド記事一覧

認知療法

認知行動療法など、精神科関連のリハビリでの療法として使われています。例えば、気分が落ち込んだ時に、それはどういう時にどれ位で気分が憂鬱になったのかなどを、メモで書き留めて、目でわかるようにしてみます。

認知療法

認知療法においては、主に薬物療法との併用治療として考えられています。薬物においては、ある程度決められた種類が処方されますが、認知療法においては、個々に応じたオーダーメイド的心理療法となることでしょう。現代の精神疾患治療においては、薬物療法と認知行動療法の併用が最善策と考えられているのです。認知療法において期待できる効果は、セルフコントロール力や思考パターンの改善が主流となります。要するに、自分の感...

精神疾患においては、暗いトンネルの中から脱出できずに人間としての生き方に困惑している状態が一般的となります。リラックスや自主性、自己尊厳性などの言葉も忘れ去られていることでしょう。そのため、社会の環境に踏み込むことができずに、自宅に居るケースが多いものです。

認知療法

セルフコントロールの修正を目指した認知療法と呼ばれる治療法が注目されています。これは、歪んだ認知の要因を探ると共に、日々の生活の中で不適応問題点となる信念や価値観を修正する療法となります。

認知療法

医療の発展は目ざましく、最近ではいろいろな病気に対応したいろいろな治療方法が生み出されていますが、みなさんは行動療法と認知療法の違いを理解していますか?メンタルヘルス系の疾患に関連してよく耳にする行動療法と認知療法のふたつですが、この行動療法と認知療法の違いはいったいどんなところにあるのでしょうか?

認知療法

認知療法の応用を日常生活の中で行っていけば、ストレスに強い思考を手に入れられます。ストレスに上手に対応できるように、思考のバランスをきっちりと取って心を軽くしたり、実際に自分で行動することで心を軽くしたり、期待する現実を描き近づけることで心を軽くしたり、そんな認知療法を日常生活に取り入れていきましょう。

認知療法

うつ病や人間関係のトラブルなどで悩んでいる方を対象に、認知療法という心理療法があります。これは心療内科などの心の悩み解決を扱っている機関で受けることが出来、効率よく受診するにはどんなコツなどが必要がみていきます。

認知療法

認知療法には認知行動療法があります、これには3つの系譜があり行動療法系は第1世代、認知療法系は第2世代、そして現在まさに発展しつつあるのが第3世代と分かれます。もう一つには日本の森田療法があるのですが、これは第3世代に近いと言われています。

認知療法

自分自身に自身が持てずに子供愛情注ぎ方がわからない状態になってしまうことがあり、この状態をアダルトチルドレンと呼びます。このアダルトチルドレンを治す治療法として認知療法という心理療法があり、その方法については以下の通りとなっています。

認知療法

最近のパソコン中心の会社でよく陥り安い「社会不安障害」について認知療法が役に立ちます。このパニック障害からの恐怖観念は、毎日の中でマイナス思考を中心とした生活から来るものとも言えます。

認知療法

いつからか分かりませんが、私は幼い頃より常に「怒られること」に対して異常なほどの怯えを持っていたように思います。人に怒られるということは、嫌われること。そんな方程式が頭の中で完成してしまい、大人になった私はその考えが原因で仕事に支障をきたすようになりました。昔から人の顔色をうかがって生きてきたために、先輩や上司が少しでもむすっとした顔をしていると分かってしまいます。

認知療法

認知療法とは、社会の中でより支障を感じながら、苦しみながら生活としている方の心の負担をともに改善することを目的とする方法です。一番にすることとは、自己の心の悲鳴を聞くことから始めましょう。心の鍵を開けましょう。心の扉を少しでもオープンとすることが可能となれば治療は必ず完治も可能です。

認知療法

「考え方をを変える」とは、その人特有の「考え方のくせ」の中にある「認知の歪み」を気付き、修正したり、より良い状態に変えることを意味します。色々な認知療法のアプローチ方法がありますが、その中で専門アドバイザーの指導を必要としない、『一人でもできる、「出来事メモ」と「誉めメモ」を活用した「認知の歪み」への対処方法』について説明します。

認知療法

認知療法とは、私たちのものの考え方や受け止め方などの「認知」に関する部分に働きかけ、行動を制御したり、気を楽にさせたりする治療法です。うつ病や不安障害などの精神疾患の治療法として世界的に注目されています。実際に行動しながら行うと、認知行動療法とも呼ばれます。

認知療法

現在の経済状況は緩やかな回復傾向にあると報道されてますが、約6割の労働者にストレス感があり、精神疾患等メンタル不調を理由とした人がいる事業所は約8%に及んでいる状況です。メンタル不調を理由とした人の職場復帰は、本人や家族だけでなく企業にとっても重要な課題でもあります。こうした状況に対応するために厚生労働省が作成した手引きを参考に、各所で様々な職場復帰支援プログラムが策定されています。現在、どのよう...

認知療法

最近の報道では、景気は緩やかな回復傾向にあるとされています。しかし、労働者の現実は、「長時間労働、成果主義の乱用、パワーハラスメント」などにさらされており、厳しい労働環境が続いており、うつ病など精神疾患を理由に休職や退職する労働者が増加しています。これに対応するため、厚生労働省や各企業とも色々な対策を講じていますが、依然として増加傾向が続いています。何故このような結果になっているのか、「職場のメン...