認知療法をすることで得られる最大のメリットは?

MENU

認知療法をすることで得られる最大のメリットは?

認知療法をすることで得られる最大のメリットは?

精神疾患においては、暗いトンネルの中から脱出できずに人間としての生き方に困惑している状態が一般的となります。

 

リラックスや自主性、自己尊厳性などの言葉も忘れ去られていることでしょう。

 

そのため、社会の環境に踏み込むことができずに、自宅に居るケースが多いものです。


悪循環に?

ですが、自宅に閉じこもってしまうことで、社会から見放された様な感情が生じ、疾患症状が悪循環となるのです。現実、認知療法に成功するプロセスにおいては、非常に辛く強い意志が必要となります。

 

尚、個人差もありますが、大半は長期戦となることでしょう。ですが、家族の支えと共に専門の主治医やカウンセラーと一心同体となって病気と向き合うことで、敵と上手く付き合えるようになってきます。

明けない夜はない

本来の自分を見出すことができると共に、暗いトンネルから抜け出すことが可能となることでしょう。自分の歪んだ思考が軌道修正されることによって、社会との交わりに自然と身を置きたくなります。

 

社会復帰することで、自尊欲求や自己実現の欲求も生じてくることでしょう。ゴールが伴わないスタート地点は存在しないものと強く信じると共に、辛い認知療法と上手に付き合うことが非常に重要となります。

 

リワークできる状況、プラス思考となる自分自身と共に、何よりも自分らしく生きることができる環境を見出すことが理想となります。適切な認知療法を継続しておこなうことで、それらの効果が期待されます。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。