認知療法研究所

MENU

認知療法の効果記事一覧

認知療法

子供の頃に発達障害と診断されずに成長してしまい、大人になってから「生きづらさ」を感じる人が多い現状をご存知でしょうか。成人してから対人恐怖症やうつ病を発症し、初めて発達障害だったとわかるケースもあります。発達障害は有名人が公表して話題になることもあり、決して珍しい症状ではありません。今回は大人の発達障害と、効果的な認知行動療法について、概要をわかりやすくまとめました。

認知療法

対人恐怖症という病名を1度は聞いたことがあるでしょう。対人恐怖症は比較的発症率が高く、女性に多い病気です。対人恐怖症は症状の種類が多い上に、軽度から重度まで幅広く、治療が難しいケースも見られます。今回は対人恐怖症を正しく理解し、効果がある認知行動療法についても一般的な内容を覚えておきましょう。平均的な費用もまとめましたので、参考になさってください。

認知療法

誰でも1度は他人の視線が気になって、失敗した経験があることでしょう。しかし極端な緊張や不安が続き、人が怖くなって社会生活が送れなくなるケースがあります。今回は他人の視線が気になる症状にスポットを当て、概要をわかりやすく説明します。また、治療法の1つである認知療法も詳しく紹介します。

認知療法

強迫性障害とは、嫌なことや汚いことなどに極度の恐怖や不安を抱き、それを打ち消すために同じ行為や儀式を繰り返してしまう病気です。近年では有名人も経験談を公開するなど、情報が得やすくなりました。ここでは強迫性障害についての概要や、治療に用いられる認知行動療法の一般的な内容をわかりやすく紹介します。強迫性障害の治療には時間がかかります。克服するためのポイントもまとめましたので、参考になさってください。

人前でのスピーチやプレゼン、発表、また接客などで尋常ではないくらいに緊張する方も、社会不安障害の疑いがあります。多くの症状は周囲の人からすると取るに足らないもの(発汗、腹痛、緊張、赤面など)ですが、本人にとっては強いストレスを受ける大きな問題なのです。そのこと自体も本人にとっては気を病ませる原因であり「理解されないこと」に対するストレス受けてしまう結果になります。実際にはあがり症が原因で転職を考え...

自分の体臭がやたらと気になり、必要以上に体を洗ったり、デオドランドグッズを買いまわるような方は「自臭症」の可能性があります。自臭症は全般性不安障害の一つであり、精神的な病なのです。

認知療法

うつ病治療に欧米では認知療法を使い治療にあたるケースが増えています。抗うつ剤と同等の効果が期待でき、場合に条件によればそれ以上の効果を発揮する場合もあります。日本では認知療法を行える精神科医師はカウンセラーがまだ少ない状態ですが、厚生労働省でも「認知治療マニュアル」を作成し、年々専門外来にて普及してきている現状です。認知治療を行う医師やカウンセラーには高度で緻密な治療ノウハウが必要であり、十分な知...

認知療法

社会不安障害(SAD)とは社会生活において特定の場面において極度の緊張を強いられ、強いストレスを受ける症状全般のことを指し、近年はその患者が急増していると言われています。

認知療法

思春期になると男女ともにできたての性の意識にとまどい、異性と対峙した時に極度の緊張状態になることがあります。これは至って正常なことですが、そこから大人になりしばらく経ってもこの症状を強く現す人は「対人恐怖症」の疑いがあります。

認知療法

吃りは医学用語では吃音症といい、原因や実態がはっきりとは解明されてない症状です。研究機関の調べでは人口の1%~5%もの人が苦しんでいると言われています。近年では研究が進み、認知療法が有効であることが分かり、各医療機関、クリニックで施術されています。

認知療法

多汗症とは外気の温度や室温、自分の体温に関係なく多くの汗をかく症状であり、また一般的な汗とくらべて異常な量を発汗する場合もこれに当てはまります。最近では多汗症に悩む人が多く、それは現代の日本人が汗を「毛嫌い」するようになったことも要因の一つだとも言われています。

認知療法

バスや電車、または会社で電話をしている時、書類を書いている横に座られた時などに他人の視線が気になり、冷静ではいられなくなる人がいます。これは「他視線恐怖症」と言われる社交、社会不安障害の一種です。これは誰にでも起こりうる症状であり、有名な話に書道の先生が結婚式の受付で自分の名前を書き損じた・・というものがあり、人は緊張したり意識し過ぎたりすると、普段何気なしにしていることでも咄嗟にできなくなること...

認知療法

パニック障害は現代病として猛威を振るっている疾患と言えます。その根本的な原因は解明しきれていませんが、世界中の医療機関で研究され、治療法もあるていど確立されています。

認知療法

自律神経失調症は神経疾患のある患者で原因がはっきりしない症状をひっくるめて呼ぶ総称であり、気分障害のうつ病や統合失調症とは分けて考えられます。原因はさまざまで、女性に多く現れる原因は月経と閉経、妊娠など、ホルモンバランスの乱れが男性よりも起きやすいことが原因です。

認知療法

うつ病を一度でも経験したことのある人は、人口の12~15%とされ、決して珍しい病気ではありません。抑うつ状態の人を含めると、更に増えると予想されます。抑うつ状態とは、精神的な不調だけでなく、行動と身体の不調を伴う症状を言います。認知療法とは、うつ病の治療法として、薬物療法と同様の効果が期待できる治療方法です。うつ病と認知療法の特徴や方法、その注意点について説明します。

認知療法

人前で緊張してあがってしまうなんて、多くの人が経験していますが、正常ならば上手い下手を別にして、なんとか切り抜けているものです。しかし、緊張などに過剰に反応してしまい、日常生活に支障をきたしてしまう症状、「社会不安障害(SAD)」に悩んでいる人がいます。「社会不安障害」は、まだ一般の理解が浅く認知が低い状況です。正しい知識は、患者本人だけでなく周囲の人にとっても大切なことなので、知るきっかけとなれ...

認知療法

経済社会での宿命ですが、命の危険性が少なく経済的需要の見込めない病気への理解は低い傾向にあります。発達障害もその一つで、家族や周囲に誤解されやすく、自尊心を傷つけられるなど生き辛さを感じている人が多くいるのが現状です。しかし、発達障害は、その特性を本人や家族だけでなく学校や職場など周囲が、正しく理解し環境を整えるなどのサポートがあれば、本人のスキルを充分に生かした生活を送れます。発達障害についての...

認知療法

「パニック障害」とは、100人に2~4人の割合に見られる、よくありがちな病気です。しかし、強烈な苦しみがあるのにも係らず検査では異常が見つからないため、「気のせい」とか「オオカミ少年」と思われがちで、理解してもらいにくい辛さのある病気です。いつ誰がなっても不思議じゃない病気ですので、自分や身の回りの人のための「パニック障害」について紹介します。

認知療法

強迫神経症は、現在では「強迫性障害(OCD)」と呼ばれる不安障害に一つに分類されている病気です。欧米の調査による有病率は、1~2%とされる割とメジャーな病気といえます。しかし日本では、本人および周囲の認識度の低さや精神科受診への心理的ハードルの高さからなのか、有病率のデータがあまり取れていない状況です。強迫性障害は、本人の苦しみだけでなく、家族など周囲の負担も大きな病気です。病気の理解は、それらの...