MENU

アダルトチルドレンの心理的特徴について

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは機能不全家族において成長し成人後も内心的なトラウマのために様々な精神的問題を抱えた人たちのことをいいます。

 

例えば、両親から虐待を受けていた場合や両親がアルコール依存症などの様々な問題を抱えていた場合などに子供たちは心理的な傷を負ってしまうことになります。


子供は環境に適応しようとして

子供たちはそのような家庭で成長する中で問題のある環境に適応しようとします。そうして様々な精神的問題を抱えることになります。

 

その心理的特徴としては破滅的であったり過度に完璧主義であったりと様々ですが、成人後も実生活や対人関係において深刻な影響を及ぼすことになります。

 

特に共依存と呼ばれる問題を抱えた人たちは深刻です。なぜなら、共依存の傾向のある人たちは問題のある人間に魅了され依存してしまうのです。

 

例えば、虐待を受けて育てられたなどの問題を抱えた子供同士が成長して結婚し子供をもうけたような場合に、再び自分の子供に同じことをしてしまうようなこともありえます。虐待が連鎖してしまうのです。

 

もしアダルトチルドレンという問題を解決できなければ悪い環境がさらに悪い環境を生み出すことになります。

アダルトチルドレンの5つの心理的特徴

アダルトチルドレンはその心理的特徴によって五つの種類に分類することができます。

道化師

まず不安を隠すために常に明るくふるまってきたタイプで道化師と呼ばれるタイプがあります。このタイプは表面上は明るくふるまっているのですが内面では自己評価が低く恐れや孤独、無力感を感じています。

世話役

次に両親や周囲の人間の世話をよくするタイプで世話役と呼ばれるタイプがあります。このタイプは非常に優しいのですがその半面自信がなく自分自身を過度に押し殺してしまうため正当な要求すらできない場合があります。

ヒーロー

三つ目は家族の強い期待を背負って育てられたタイプでヒーローと呼ばれます。このタイプは非常に努力家ですが内面においては心に傷を抱えており、不適応感や罪悪感、あるいは過剰な自尊心を抱えています。

身代わり

四つ目は家族の抱える問題を行動化してしまう身代わりと呼ばれるタイプです。このタイプは反抗的であったり陰気あるいは無気力であったりします。内面では自己評価が低く見捨てられ感や怒り拒絶感などを感じています。

迷子

最後に存在しないふりをするタイプで迷子、いなくなった子などと呼ばれるタイプです。このタイプは常になるべく目立たないようにふるまおうとします。内面では見捨てられ感や恐れ、挫折感やあきらめの気持ちを抱いています。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。