子供愛情注ぎ方がわからない時の認知療法の治療法について

MENU

子供愛情注ぎ方がわからない時の認知療法の治療法について

認知療法

自分自身に自身が持てずに子供愛情注ぎ方がわからない状態になってしまうことがあり、この状態をアダルトチルドレンと呼びます。

 

このアダルトチルドレンを治す治療法として認知療法という心理療法があり、その方法については以下の通りとなっています。


子供愛情注ぎ方がわからない原因は?

子供愛情注ぎ方がわからない原因の一つとして、他者と自分を比べてしまう気持ちが強くなってしまうことがあります。

 

こうなってしまうと他人からの評価が過剰に気になってしまうようになり、それによって積極性に欠けてしまう行動を取ることがあります。認知療法ではそんな恐怖や不安を改善させる効果があり、強い圧迫感や否定的な感情を改善させる治療法の1つです。

 

実際の治療では相手の否定的な自動思考を導くことから始めてゆき、医師やカウンセラーが状況確認をします。そして否定的な感情を引き出している原因をつきとめたら、それを1つの仮定として捉えるように指導していきます。

認知療法の治療アプローチは?

実際のカウンセリングや治療では上記のような方法を行いますが、ここで一般的に使用されることが多いアプローチをみていきます。

 

1つめは利益と不利益を探す方法であり、これによって問題をより客観的に理解することが出来るようになります。客観的に理解することにより、患者自身の問題解決意欲がより高くなるというメリットがあります。

 

そして2つめの手法として証拠の重みを図る方法があり、これも心のケアを行う方法として良く利用されています。内容としては患者自身に否定的自動思考の間違いに気づいてもらうことにより、それによって心の苦痛を和らげさせる効果があります。

まとめ

このように認知療法では、自分の子供愛情注ぎ方がわからない場合などに心の問題を解決する治療法の一つです。

 

この治療法には医師やカウンセラーの高い技術が必要となりますが、それと同時に患者側の解決意欲も重要となります。また他の心理療法とは異なり、医師やカウンセラーが主導権を握って指導や教育を行っていく要素が強いという特徴があります。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。