認知療法研究所

MENU

考え方を変えてストレスを沈める方法は?

認知療法

私たち現代人はさまざまな悩みを抱えながら、さまざまな壁にぶつかりながらも一生懸命に毎日を生きていっているわけですが、それでもやはり辛いことはあるものです。

 

ストレスに対する考え方を変えることで、少しでも過ごしやすい毎日を手に入れましょう。

 

捉え方、考え方を少し変えるだけで毎日がとても明るくなります。

 

自分のストレスを分析する、ということもとても大切なことなのですが、今回はそれよりもっと簡単に、ストレスに強い考え方を手に入れる方法を見ていきたいと思います。


白黒思考を捨てる!

まず何事も曖昧な状態にできるようにすること、白黒ハッキリさせないと落ち着かない、そわそわしてしまう、というような考え方を捨ててしまうことです。

 

もちろん、全てがどっちつかずであることがいいというわけでは決してありませんが、あまり強くどちらか一方にこだわりすぎないことが大切だ、ということです。

 

また、今回はタイミングが悪かったのだ、という風に考えることも大切です。物事が自分の思うようにいかなかったときや上手くいかなかったとき、自分や相手が悪いと考えるより、運やタイミングに責任があったのだと考えましょう。そういう風に考えることによって、ストレスをさらりと受け流すことができます。

 

人にイライラさせられた時は、相手にも事情がある、というように考えましょう。ただ相手を責めてばかりいるよりも、人には人の事情があるものだと大きな気持ちで考えられれば相手とわざわざ衝突することもなくなりますよね。自分自身のイライラも、とても良い形で沈めてあげることが出来ます。

最後に

最後に、何をどうしてもどうにもならないと思った際は、抱え込むばかりでなくちゃんと信頼をおける相手に相談してアドバイスをもらうというのもとても大事なことです。上手な現実逃避を覚えて、誰かに頼ることも忘れず、視点の切り替えを起用に行えるように、少しずつ自分の思考と向き合って変化させていきましょう。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。