MENU

ストレスをストレスを思わない3つの方法は?

ストレスと思わない

現代はストレス社会と言われ、誰もが大なり小なりストレスに晒されながら生きていると思うのですが、ストレスをストレスと思わないための方法があれば知りたいものですよね。

 

ストレスに強くなれれば、今より確実に生きやすくなります。メンタルを鍛えるための考え方、捉え方についてを見ていきましょう。


方法1:物事を引きずらない

まずは何事も「まあいいか」、「取り敢えず仕方ない」という風に受け入れられるように、いつまでも物事を引きずらないようにしましょう。何事もあまり重く受け止めすぎずに、ひらりと受け流せるようになれればいいですよね。悩み過ぎないように程度を知ることはとても大事なことなのです。

 

そして、プレッシャーや責任は「いい経験になる」と受け取るようにしましょう。プレッシャーや責任をそのままプレッシャーや責任として受け取ってはいけません。もちろん何の責任も背負えない、プレッシャーを抱えられないというのはそれはそれで問題なのですが、上と同じく重く捉え過ぎないことがポイントです。

方法2:自分のペースを持つ

また、「自分のペースをしっかりと持つ」ということも大切ですよね。マイペースというのはいい意味で使われたり嫌味っぽい意味で使われたり、なんだか受け取り方の難しい言葉ではありますが、前向きに考えて下さい。

 

自分のペース、マイペースに物事をこなしていきましょう。人と比較して焦ってしまってもいいことはありませんので、自分と人を見比べることだけはしないように、ここには気をつけたいところです。自分は自分、そして人は人ですから、自分の道だけを見つめていきましょう。

方法3:人生はうまくいかないものです

最後は、「人生はうまくいかないのが普通だ」という考えを基本の持つということ。うまくいかないものではあるけれど、たまにうまくいけばラッキーなもの、というように捉えておけば、現状がよっぽど大変なときもさほど辛くは感じないものです。

 

しんどい状況がふつうなのだと考えられれば、嬉しさや喜びも大きなものになりますよね。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。