認知療法研究所

MENU

あがり症を治したい!考え方を変える方法は?

認知療法

あがり症に悩んでいる方は多いと思うのですが、あがり症に限らずメンタルの弱さを不安に感じている方は今の時代、とても多いのではないでしょうか?

 

あがり症を含めメンタル系の症状を抱える方に大事なのは「考え方を変える」ということ。ただし、急いだり焦ったりは禁物で、徐々にというのがポイントです。


考え方を変えるのは難しいが

簡単に考え方を変えると言っても、それが簡単ではないことは誰もが分かっています。簡単に考え方を変えられるのであれば「徐々に」なんて言いませんし、誰かに考え方を帰ろと言われる前にとっくに変えているでしょう。

 

では、どのように考え方を変えるかというところです。ズバリ、あがり症などの症状の原因は不安や緊張、過去のトラウマというのが大きく関係しているものですので、この不安などに対する考え方を徐々に緩くしていけばいいのです。

まずは自覚する

まずは自覚することが大切ですね。無意識に自分を追い込んでしまう思考は大半が思い込みであるということ、緊張を煽っているのは自分自身であるということ、これらにちゃんと気付いて知りましょう。そこからゆっくり、少しずつ、改善に向けて考え方を変えていくのです。

 

正直に言うと、そこから考え方を徐々に変えていくためにはもう慣れていくしかありませんので、ここからは自覚と気付きのクセをつけていきましょう。何度も繰り返すことで、不安や緊張はだんだんと薄れていくはずです。

 

考え方を変えるということは、数日でできるようなことではありません。ですが、それが普通ですし、それでいいのです。すぐにできるようになると思わず、「徐々に」ということを忘れないようにしましょう。

焦らないで

焦ってもいいことはありませんから、最初のうちは上手く意識できなくても仕方ないと考え、ゆっくり少しずつ考え方を変えていけるといいですよね。いつか何も気にせずに物事をこなせる日がやってくるはずです。

 

大切なのは諦めないこと、マイナス方向に持って行ってしまわないことです。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。