認知療法研究所

MENU

認知療法の3コラム法って何?

認知療法

「認知療法」というものを聞いたことがあるでしょうか?この認知療法の中でも最もメジャーなものを「コラム法」といい、3コラム。

 

5コラム、7コラムとあるのですが、今回は3コラムについて説明していきたいと思います。


コラムって何?

まずはコラムという名前についてなのですが、元々の意味はローマ時代の円柱。現代では表をつくる時などによく使われますね。

 

縦方向の列で表す3コラムは縦方向に3行の項目があり、この項目は状況と気分、そして自動思考の3つになります。自動思考に関しては少し解りにくいですかもしれませんが、簡単に言うと「特に意識をしていなくても考えてしまうことや、その思考」のこと。

コラム法は何に役立つの

さて、ではこのコラム法が何の役に立つかというところになりますが、一つ目は自分の頭の中を整理できる、二つ目は自らの考えを客観的に見ることが出来る、というもの。

 

このふたつがコラム法によって導き出されるものになります。

コラム法の方法は?

方法は項目のテーマをただ書き出していくだけ。項目というのは先ほど言った状況、気分、そして自動思考のことですが、各順番などは自由に書いてもいいものなのでしょうか。

 

認知療法のコラム法に決まった法則や順番というものは基本的にないものなのですが、順番をつけるとしたらそのまま状況を最初に、そして気分、自動思考、というように書き出していくのが一番分かりやすいかもしれません。

 

ですが、そうは言っても自分で理解しやすいように書くのがベストでしょう。自分の思うように表を作り、自分の思うままに書き出していってみてください。

最後に

「認知療法」というもの自体も「3コラム」というものもあまりよく聞くものではないかもしれませんが、一握りの人しか知らないもの、というわけでもなくなってしました。

 

身近な人のために、自分のために、知っておくといつか役に立つ事があるかもしれません。気が向いたときや暇なときに行って、自分自身を見つめ直してみるのもいいですよね。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。