MENU

アダルトチルドレン研究の今後の課題とは?

アダルトチルドレン

現在、アダルトチルドレンに関する研究では、幼少期の問題となるスキーマや認知療法などで自己を客観視して再評価を行おうとするものが多くあります。

 

それは精神医学や心理学の観点から、アダルトチルドレンに見られる心理的特徴や人間関係の構築などの社会的に困難なことを回復するためです。

 

また、アダルトチルドレンは、子供の成長に悪影響を与える親元で育ち、成長したあとも継続的に精神的な影響を受け続ける人のことで、幼少期の心の傷を負う体験が成人しても無意識のうちに日常生活や人間関係に深く影響を及ぼしてしまうのです。


親の愛が条件付きだと

本来、親の愛情は無条件で子供に向けられるものです。しかし、条件付きの愛が子供に向けられる機能不全家族では、親との関係を維持するために子供が親の意向に従うようになります。客観的に条件付きの愛を見てみると、しつけの一環と感じられる点もあるため、第三者には普通の家庭と同じように認識されます。

 

現在、アダルトチルドレン研究は臨床研究が不十分となっています。しかし、機能不全家族では子供の不安感や抑うつ感などと関連があるとされており、家族が親密であれば子供は自己肯定感が大きくなり、アダルトチルドレンになる可能性が低くなると考えられています。逆に喧嘩が絶えないような家族であれば、人間関係の構築ができないと指摘されています。

 

関連のある社会問題として子供の不登校や引きこもりなどがあり、攻撃的な場合には家庭内暴力、キレる若者などがあります。

病院での治療は?

カウンセラーと治療者を兼任する医師も存在しています。ですが、日本の医学の分野では、精神治療が必要な状態や心的障害が大きい場合にのみ治療を施されるということが多くありました。現状は病院で心理カウンセラーに相談することで症状が深刻化しないように対応したりされています。

 

日本では、自分のことは自分で解決するという風潮が強くあるため、第三者に本人が時間をかけて解決策を見出していくという考え方が批判的に受取られる傾向があります。欧米のように第三者の理解が受けられる環境を作っていくことが、今度の研究の課題だといえるかもしれません。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。