MENU

アダルトチルドレンが人間関係を構築する方法は?

人間関係

アダルトチルドレンを克服する上で、最も困難で大切なことは新しい人間関係の構築です。

 

アダルトチルドレンは、人間関係が苦手な傾向が強く、他人の痛みを自分の痛みとして処理してしまったり、自我が弱いために自分のことを後回しにしてしまいがちです。

 

過去に親や環境によって抑圧された状況から解き放たれたあと、新しい人間関係の構築は、その後の未来に影響を与える程の課題でもあるかもしれません。認知の歪みが修正され、過去の自分を解放することができるようになったなら、まずは親を許すことから始めてみるといいかもしれません。


親もアダルトチルドレンだったかもしれない

親は一番身近な他人であり、親もその親から巻き込まれたアダルトチルドレンだったことを認め、同情したり癒してあげたりしてみてください。

 

そうすることで親との人間関係が、親から子への一方向ではなく、双方からのやり取りが生まれ新しい人間関係の構築ができます。自我が弱くなっているアダルトチルドレンでは、自我をきちんと認識することも大切です。

 

自分と他人との感情を区別し、無理に他人に合わせず自分のやりたいことを優先することや、物事を自分で決断して責任を持つことなど、自分の自己をしっかり把握することが大切です。そうすることで、自分自身のことを認めて、自分の感情を取り戻すことができます。

気持ちをノートに書きだしてみる

また、自分がどうしたいのか、どうありたいのかをノートなどに書いてみるのも効果的です。自分の本心を知ることができますし、声にして読んでみるのもいいですよ。

 

自分の限界や自分が持っている力が自覚できるようになると、トラウマになりそうなことから自分を守ることもできますし、戦うこともできるようになります。そうなると、少しずつ他人への不信感も改善され、新しい人間関係の構築ができるようになるのです。

 

自己主張ができるようになると、自分が未来に対して、どのような人生を送るのか、誰にも邪魔されることなく決めていくことができるのではないでしょうか。誰かに左右されるのではなく、自分の人生は自分で決めることが、生きづらさを解消するといえるでしょう。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。