認知療法研究所

MENU

認知療法で治療がうまくいっていない!原因はなにか?

認知療法で治療がうまくいっていない!原因はなにか?

認知療法の治療を進めていくと、治療がうまくいっていないと感じる方もいます。

 

例えば、治療のメインである、合理的思考という自分の心の中での物事の解釈に関する治療ですが、非常に受け入れることが出来ないと悩む方がいます。

 

その理由として、なんか調子が良いと勘違いしているのではないかと考えてしまい、うまく心が受け入れることが出来ないようになってしまっているのです。


なぜうまくいってないのか?

結論から言いましょう、心のなかでは思っていても大丈夫です。

 

外に対して働きかけなければ、問題は無いのです。思っていることを行動に出さなければいいのです。思う分には自由なのですから、そういったことを忘れないようにして欲しいです。

 

感じるものの感覚は、自分以外の人は皆同じと勘違いしている患者さんが非常に多いのですが、これは大きな間違いなのです。人にも感じ方には程度があります。

 

例えば、太陽を見て、ある園児は赤を連想したとしますが、黄色や白が間違いなのでしょうか?その赤の程度だって真っ赤なのか、オレンジに近い色なのか人によって違います。

 

ですから、自分が合理的思考がうまくいっていない時は、人も物の感じ方には程度があると解釈するようにして欲しいです。物の話し方でも、この人はこういった言葉を知らないから、自分にとってはきつい言葉でしか話さないんだと考えるようにしたりすることも大切です。

考えるのは自由

考えて心の中で感じることはいくらでも自由です。むしろ感じたことを、おかしいと思って自分が駄目だということを思わないようにすることが大切なのです。

 

感じてしまった場合は、医師や友人、家族に相談することも1つ重要な事です。同じ空間で時を過ごしている人に、こういった部分の物の解釈仕方をど受け入れたら良いのか、手助けのヒントが得られるかもしれません。

 

納得出来ない、疑問を持つ感情は通常の感情です。無理をしないことに加えて、これなら受け入れられると感じるまでいろんな物事の解釈を学ぶ時期と考えるようにすると良いです。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。