認知療法研究所

MENU

認知療法が効果のある病気は何ですか?

認知療法が効果のある病気は何ですか?

認知療法に効果のある病気は、心に極度の不安や、無気力状態が出るうつの様な病気、パニック障害、人格障害、摂食・過食症と言った病気に効果があります。

 

これらの病気は、最初は自分の心が負担がかかって不安になり、自分で意志を押さえ込んでいるため、体がこの状態が普通と勘違いしていまい自分の意志で心の状態をもとに戻せないことです。

 

つまり、心の状態が戻したくても戻せないし、加えて元の状態がどういった状態だったかも忘れてしまうのです。


自分の心には気付けない?

自分の心の状態自体が歪んでいるような事実にさえ気づかないことになります。

 

認知療法が効果があるとされているのは、そういった心の歪みを患者本人に気づかせるということと、その心の歪みの感じ方を患者自身の心の解釈で変えることができるということを、気づかせることが大きな意味です。

 

自分の心の意志とは裏腹に、どんどん症状はひどくなっていくので、その歯止めを患者本人に把握させるために、効果が高いとされています。そして、一番は同じようなストレスがかかったとしても対処の方法を応用出来るということなのです。

 

病気の原因を取り除くだけでは、再び同じような状況になった時に薬で解決するような事になってしまいます。しかし、問題の解決の心の持ち方を教えてくれる認知療法は、そういった意味でも非常に応用の効く治療になります。

 

問題を解決を促すことと、対処法を教えてくれるわけです。

 

ですから、うつや不安といった人間の無気力が引き起こす症状から、何かの原因で頭や体を混乱するパニック障害や人格障害、心のトラウマによって食事に走ってしまう、摂食・過食症といった病気に効果があります。

 

特に、パニック障害や、摂食・過食症に関しては、現在のところ薬物治療よりもこちらの治療法の方が効果が高いとされています。加えて、体を動かくことが得意な人は、行動認知療法といった行動療法とも組み合わせで治療を行うと効果が、高いとされています。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。