MENU

考え方を広くし、固執せず変換できる気持ちを成長させましょう

認知療法

認知療法とは、社会の中でより支障を感じながら、苦しみながら生活としている方の心の負担をともに改善することを目的とする方法です。

 

一番にすることとは、自己の心の悲鳴を聞くことから始めましょう。心の鍵を開けましょう。心の扉を少しでもオープンとすることが可能となれば治療は必ず完治も可能です。


あきらめてはいけません。心の変換が大切なのです。

 

心をよりリラックスとした状態で、快適な空間の中で、自身の内なる気持ち、内なる心の闇を時間をかけてカウンセリング室にて話すということから始めましょう。自身の精神的な状態を自身でも把握するということが大切です。

心の奥底を確認

次にすることとして、専用のテストを行います。正確な心の奥底を確認するのです。

 

テストの結果により治療方法は異なります。個々にあった治療方法が決定となるのです。個々に最適な方法を無理なく進めるために大変重要で大切なテストです。

 

個々が抱えている問題を全て受け止め、否定はいたしません。一人では難しいことも一緒に戦ってくれる方がいれば大丈夫です。

 

勇気を出して共に解決していきましょう。それがきっかけであり、治療の第一歩なのです。

 

自己の心の成長、解消と健康的な心を取り戻す効果が得ることも可能です。希望を捨てず頑張りましょう。

 

やみくもに治療ではなく、より的にあった方法を見つけ実施しましょう。それが治療時間を短縮することが可能となるのです。

心の治療には時間が必要

治療は長ければ大変負担もかかるものです。心の治療とは、初期であれば短くなる場合もありますが、長年の病であればやはり長期となる可能性が高く、やはり負担も大きいものです。

 

自己にとってより個々にあった治療法を見出しそれを実施することが大切なのです。つらいことはやはり短期間としてほしいということが自己の本心です。自己のことをより考えた方法だと考えられるでしょう。

 

認知療法の一番の目的は、自己の考えや物の見方を視点を変更としたり視野を広くすることです。視野が狭く、考え方が固執となることで自身を追い詰める要因がうまれるのです。こうでなければならないというわけではありません。

 

成功とした場合でも失敗とした場合でも、落ち込んではいけません。落ち込むことなく前に全身しましょう。

 

失敗となった場合は、止まらず視点を変換し、違う方法をチャレンジしましょう。それを解消するという行動へ持っていく心の変換を目的としてます。

 

止まってじっくり考えるのもよいでしょう。しかしそこで悔やんではいけません。

失敗の積み重ねが治療へ向かう

誰でも失敗はするのであり、方法も一つではないということこれを受け入れることで一歩全身することも可能となるでしょう。こういう事の積み重ねが治療へと向かうものです。

 

柔軟な心の成長はこういうことがきっかけであり要因なのです。自身で改善しようという気持ちをもつこと、それが成長です。

 

一人で悩まんではいけません。多くの方・知人など共に一緒にがんばりましょう。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。