MENU

日々の積み重ねが大切!アダルトチルドレン克服への道は?

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは、さまざまな要因から生まれるものです。親の過剰な期待、親の過剰な甘やかし、親の虐待など異常な子育てからうまれるといっても過言ではないでしょう。

 

それらを治療する上で大切なことは、自身がアダルトチルドレンだということを自覚することであり、自身の人格を受け入れることです。認知療法により克服が可能だということです。


認知療法とは?アダルトチルドレンとは?

認知療法とは、自身の考えを置き換えるという方法であり、こうだからこうという考えをこういう場合はこうすればよいといった視点を置き換えて挑戦してみるという方法です。アダルトチルドレンとは、全て否定や拒絶、マイナス思考が全てという程に全てを拒否するものです。

 

無理に受け入れるのではなく、こういう考えや方法があり、これを試してみることでどういう結果が得られるのか、もしかしたら解決となるのではという実践し結果を得るという方法です。

 

やはり言葉だけでは受け入れることも難しく、実行してみて結果がまのあたりに確認となれば受け入れを拒否することはできないと思われます。そういう積み重ねがアダルトチルドレンの克服につながるものであり、自身を自身で受け入れられるようになるでしょう。

認知療法で良い方向へ改善へ

結果がやはり説得力があるものであり、その結果を徐々に受け入れられることで、全て拒否、全て否定という考えが崩れてくるのではないでしょうか?

  • なぜこれができないのか?
  • なぜこういう性格なのか?
  • なぜこういう人生なのか?

これは全て親が悪いのだといった考えをアダルトチルドレンの特徴といえるのですが、

  • こうできないのならこうやればできるのではないか
  • こういう性格はこう見ればこういう点でよいのではないか
  • こういう人生ならばこういう風にすれば変化するのではないか
  • こういう親であるならばかわいそうな親であり、助けてあげれば親も変化するのではないか

などよい方向へ導く、改善とすることへ行動をおこすよう促すことが克服へつながることでしょう。

 

少しでも、マイナス面が改善となればやはり視点も変化してくるわけであり、きっかけをつくることが最初の克服への始まりです。扉が少しでも開くことで、さまざまな考えや声に耳を傾けることも可能となるでしょう。

 

そういうきっかけづくりをする役割が認知療法の一つだと考えられます。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。