MENU

認知治療法がアダルトチルドレンの克服に効果がある理由は?

認知療法

アダルトチルドレンはそのままの状態では病気ではありませんが、社会不安障害など対人恐怖症や多汗症になりやすく、また一般社会との微妙な誤差があるためにストレスを感じやすい精神状態であると言えます。

 

心因性のストレスは長期間に渡り神経を刺激しますので、心身症、神経症またはうつ病などを発症する可能性もでてきます。


アダルトチルドレンって何?

アダルトチルドレンは元はアルコール依存症の親に育てられた子供達が大人になってから精神病は精神性な疾患を持つことが多いということが分かり、そういった家庭で育った人を指す言葉でしたが、現在ではもっと広い定義で使われます。

 

アダルトチルドレンになった人の家庭環境で多いのは以下の様な家庭です。

  • アルコール依存症の親がいる
  • 共働きで子供に接する時間が十分に確保できなかった
  • 親が子供に愛情を注がなかった
  • 子供に対して親が過度な期待をかけてしまった
  • 兄弟との比較を強くしてしまった
  • 過度な愛情をかけて過保護にしてしまった

アルコール依存症の親を持った人がアダルトチルドレンと呼ばれていた頃には気付かれなかったことですが、過保護や子供の学力などについて過度の期待をかけたり、兄弟とくらべてしまうと、子供は精神的に束縛感を持ってしまいます。

 

親や周囲の人の顔色えお伺うクセがつき常に「ほめられよう」「怒られるんじゃないか?」「自分のことをバカにしているんじゃないか?」とばかり考えストレスに晒される生活を送ります。

 

一定のストレスを越えしまうと様々な神経性疾患、不安障害、多汗症、あがり症、うつ病などを発症するようになり、健全な社会生活も難しくなってしまうのです。

アダルトチルドレンには認知療法が効果的!

こういった性質を持つアダルトチルドレンには心理療法の「認知治療法」が有効です。

 

認知治療は患者自身も気づかない物事に対しての偏った価値観や考え方の存在を医師とのカウンセリングの中で発見して矯正する方法です。「見られている」「バカにされている」「失敗は絶対にできない」など。自意識過剰な考え、非現実的な被害妄想などがあることを発見して認知することで自我の囚われから開放されるのです。

 

これと似た方法に精神分析療法がありますが、これは無意識状態において行われる方法ですが、認知治療法は患者の表層意識において修正をしていく方法であり、危険性も少ない方法です。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。