不安が不安を呼ぶ社会不安障害に認知療法で克服させていきます。

MENU

認知療法で克服!不安が不安を呼ぶ社会不安障害に

認知療法

最近のパソコン中心の会社でよく陥り安い「社会不安障害」について認知療法が役に立ちます。

 

このパニック障害からの恐怖観念は、毎日の中でマイナス思考を中心とした生活から来るものとも言えます。


パニック障害を克服するには?

これを克服するには、障害となるものを一つ一つ患者さんから拾い出し、整理してその段階をいくつかの階層に分けることが第一段階の治療準備となります。

 

恐怖がどこにあるのかその強さを段階で分けることです。そして認知療法を使って、本人の偏った考えを正していくように治療克服を行います。

 

まず一番軽い恐怖層を作り出します。それを客観的観察の中でその段階の恐怖となるマイナス部分を実はプラス思考で見ると一変することを感じ取れるようにしていくのが正すという治療になります。

 

しかし患者さんが恐怖から心臓発作に傾向した場合は、一旦止めてもとに戻すことにします。繰り返しの段階治療を行うのですが、焦ってはいけません。ここが限界と言える時点があれば止め、またその治療階層段階を最初からやり直すのです。その弱いストレス段階がクリアできれば次の段階に進むのです。

 

これらの階層を最初に分析した最終階層まで半年から1年をかけて患者と医者の共同作業として行っていくのが克服への足掛かりとなります。少しずつ前向きな考えが芽生える瞬間をいくつも感じさせる治療が重要です。

 

マイナス思考によるパニックへの移行は、1度や2度の階層認知療法による障害クリアでは、正常状態に戻ったとは言えず、かつ階層段階が恐怖度合の高いほうへと進むことで正常行動へのスピードは落ちることもよくあります。

 

これを繰り返すことで心身の健康状態を良くすることになります。分析から得た最終段階をクリアすることと何回も繰り返したことで治療としての認知行動療法は成功した言えますが、最後に現実社会での長期療法が必要となります。

 

最初は、その第一歩を踏み出すためにできれば毎日通う必要のない現実社会が良いのですが、そんなに世の中は甘くなく毎日の医者によるカウンセリングとプラス思考の考え方と行動を示すことが社会不安障害完治への重要なプロセスです。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。