認知療法で認知を変える方法を試みる

MENU

認知療法で認知を変える方法を試みる

認知療法

現代はストレス社会だ、とはよくいわれます。情報が多く、人々の生活も便利にはなりましたが、反面ストレスが多い社会にもなっています。

 

実際に、ストレスを抱えて、うつ症状を発症している人は多く存在します。

 

特に、会社に勤務する中で、うつ症状を訴えて、医師の診断により長期休暇に入ったり、退職するという結果になる場合などもあります。


認知療法でうつ病を治療

うつ症状をもった人たちへの、新たな試みとして、認知療法による認知を変えるという方法が実施されています。

 

問題を解決しようとする意思はあっても、問題が中々解決せずに悩み続け、うつ症状を発症してしまうなどのケースは多くあります。

 

そこで、物事に対する見方、捉え方の認知や行動を改善し、うつ状態へと導いてしまう感情を軽減させたり、更には、社会への適応力を高めていくというものです。

認知療法の効果があるの?

認知療法の理論としては、いくつかの項目を図式にした構図などがあり、それによってわかり易く認識・理解する事ができます。

 

人の感情は、何か出来事があって、それを認知し、体や心、行動で反応する事になります。この自動的ともいえる考などを、柔軟な考え方に導いていこうとする療法です。

 

人は、年齢を経過する毎に、考え方の傾向などをもつ様になります。この様な人それぞれにもつ傾向を修正して、改善していくというものです。これが認知を変えるという意味になります。

 

例えば、うつ状態などを引き起こす過程において、考えグセの様などが生じてしまう事があります。自分が悪かったのではないだろうか、確たる事実がないのに物事を決めてしまう、必要以上に物事を過大評価したり、過小評価してしまうなどです。

 

特に否定的に認知して物事を捉えてしまう、偏った見方をしてしまう事に対して、現実に起きた物事に適応できる様に思考を変えていくアプローチを行います。

 

認知療法は、認知を変える方法として、精神内科などで多く採用されている療法です。アプローチの仕方に多少の違いはありますが、抑うつなどに効果があるとされています。

認知療法を今すぐ実践したいあなたへ

心の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

プチ認知療法
認知療法を取り入れることで、うつやアダルトチルドレンなど心の病気を克服することが出来ます。しかし、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。プチ認知療法を実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来ます。結果として、心の病気を克服することが出来ます。