認知療法研究所

MENU

アダルトチルドレン記事一覧

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンというのは、幼少期に家庭内のトラウマによって心に傷を負ってしまった大人のことを指しています。家庭内のトラウマというのは、両親から十分な愛情を受けずに育ってしまったことが原因で、例えば両親の仲が悪く毎日夫婦喧嘩を見なければいけないような環境だと、子供は心に傷を負ってしまいます。逆に、両親から過保護とも言えるような育て方をされてしまった場合にも同様に子供の心は傷ついてしまい、こうした...

アダルトチルドレンの原因と解決法は?

アダルトチルドレンというのは、幼少期に家庭内のトラウマによって心に傷を負ってしまった大人のことを指しています。家庭内のトラウマというのは、両親から十分な愛情を受けずに育ってしまったことが原因で、例えば両親の仲が悪く毎日夫婦喧嘩を見なければいけないような環境だと、子供は心に傷を負ってしまいます。逆に、両親から過保護とも言えるような育て方をされてしまった場合にも同様に子供の心は傷ついてしまい、こうした...

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンという言葉が出回っています。簡単に言うと大人になっても子供のようということかと思いますが、実際には種類があります。一つ目は、親のスネをかじりながら、何もしないニートのようなものを指すことです。こちらについては、親に財力があり、子供が大きくなっても養うことが出来る家庭にいる子供に多いかと思います。二つ目は、一人の大人として自律した考え方や行動が出来ないタイプです。おそらく、二つ目の...

親子

アダルトチルドレンとは、もともとはアルコール依存症の親元で成長した子供のことです。現在では、アルコール依存症だけでなく、機能不全家族の元で成長する子供全体の行動や思考に共通点が見られるため、それを含めてアダルトチルドレンと表現されます。機能不全家族とは、子供に対する親の接し方が、子供に悪影響を与えてしまう家族のことです。精神的、身体的、性的な虐待のある家族や両親が不仲であること、親からの過度の期待...

認知の歪み

アダルトチルドレンやうつ病などについて知られるようになった昨今では、大人になって生きづらいと感じる原因は、幼少期の親の接し方、生活環境、周囲の大人や環境にあると考えられています。この生きづらい環境を生み出してしまうのが、認知の歪みです。人は十人十色というように姿も精神も人それぞれです。

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは機能不全家族において成長し成人後も内心的なトラウマのために様々な精神的問題を抱えた人たちのことをいいます。例えば、両親から虐待を受けていた場合や両親がアルコール依存症などの様々な問題を抱えていた場合などに子供たちは心理的な傷を負ってしまうことになります。

認知療法

アダルトチルドレンは、成長する過程で人格形成に必要な自我が弱まっているという特徴があります。自我が弱まっているものの、うつ病などとは異なり、場合によっては行動が活発になることもあります。自我が弱いと、認知の歪みが現れやすく、一貫性を保つのが難しいと言われています。そのため、アダルトチルドレンの治療方法には、認知の歪みを正しく修正していく認知療法が行われます。

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは日本でもよく知られている症状の1つではないでしょうか。日本人は我慢することに美徳を感じる国民性もあるので、60%以上の人がその要素を持っているとも言われています。そのため、一人ひとりが、アダルトチルドレンの生きづらさや抱える問題と解決方法について理解しておくことが大切ではないでしょうか。

人に期待

子供は親の背を見て育ちますよね。子供の頃に親のようにはなりたくないと思っても、他の接し方がわからないので、結局親と同じような行動をとってしまうと言われています。アダルトチルドレンは幼少期に親や周囲の人に期待されて育った場合も多く、その場合成人したときに人に期待しすぎる傾向があります。親の期待というのは、親のエゴによるもので、子供は親を喜ばせるために期待に応えようとします。

人間関係

アダルトチルドレンを克服する上で、最も困難で大切なことは新しい人間関係の構築です。アダルトチルドレンは、人間関係が苦手な傾向が強く、他人の痛みを自分の痛みとして処理してしまったり、自我が弱いために自分のことを後回しにしてしまいがちです。過去に親や環境によって抑圧された状況から解き放たれたあと、新しい人間関係の構築は、その後の未来に影響を与える程の課題でもあるかもしれません。認知の歪みが修正され、過...

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンは、自分自身に自身が持てず、積極性に欠くという特徴があります。なぜ、そのようなことになってしまったのでしょうか。アダルトチルドレンになる原因から積極性を欠く理由を探ってみたいと思います。

アダルトチルドレン

現在、アダルトチルドレンに関する研究では、幼少期の問題となるスキーマや認知療法などで自己を客観視して再評価を行おうとするものが多くあります。それは精神医学や心理学の観点から、アダルトチルドレンに見られる心理的特徴や人間関係の構築などの社会的に困難なことを回復するためです。また、アダルトチルドレンは、子供の成長に悪影響を与える親元で育ち、成長したあとも継続的に精神的な影響を受け続ける人のことで、幼少...

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンという言葉を聞くと、大人になっても大人になりきれない人という感じもしますが、本来の意味はAdult Children of Alcoholcsで、幼少期にアルコール依存症の親元で成長した人のことです。のちにアルコール依存症に関わらず、機能不全家族といわれる家庭で成長した人という意味で利用されるようになりました。機能不全家族とは親からの虐待や親の人格障害などが原因で、正常に機能して...

認知療法

アダルトチルドレンはそのままの状態では病気ではありませんが、社会不安障害など対人恐怖症や多汗症になりやすく、また一般社会との微妙な誤差があるためにストレスを感じやすい精神状態であると言えます。心因性のストレスは長期間に渡り神経を刺激しますので、心身症、神経症またはうつ病などを発症する可能性もでてきます。

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは、さまざまな要因から生まれるものです。親の過剰な期待、親の過剰な甘やかし、親の虐待など異常な子育てからうまれるといっても過言ではないでしょう。それらを治療する上で大切なことは、自身がアダルトチルドレンだということを自覚することであり、自身の人格を受け入れることです。認知療法により克服が可能だということです。

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは、過剰な愛情の押し付け、過剰な甘やかし、過剰な期待、虐待など間違った子育てにより誕生したものです。過剰であるため精神が心が正常に育たず、行動や考え方の種類が少なく固執しているという特徴があります。最初は自身を責めることから始まり、最後は周りの人間をも傷つけることと発展します。それが原因で社会から疎外され、社会から排除とされることもあります。

認知療法

「アダルトチルドレン」とは、そもそも病気ではありません。また、言葉からイメージされる「子供のような未熟な大人」でもありません。子供の頃に受けたトラウマが、大人に成長しても生き辛さに悩んでいる状況を意味しています。まだ認知や理解の浅いアダルトチルドレンですが、二次的に別の病気を引き起こす危険性や、日本の文化や社会性の影響でなり易い私たちの身近な問題です。治療だけでなく予防や発見にも役立つアダルトチル...